ウーマン

短大進学の際の費用は幾ら

学生

異なる私立と公立の相場

短期大学は、2年間の課程が設けられている教育機関です。1年ごとに学費を支払う必要がありますが、金額は学校によって差が見られます。例えば、私立の短期大学の場合は、1年間にかかる学費は一般の私立大学とほぼ同程度です。設備費用などが必要になりますので、ある程度まとまった金額になります。入学した年度は、入学金がプラスされ、翌年よりも学費が高くなるのが多くの短期大学です。私立と公立では、年間の学費に大きな違いがあります。私立の短期大学の場合は、年間100万円前後が学費の相場です。公立の短期大学は、60万円から70万円前後で学費が安く抑えられます。公立の短期大学も全国に点在しており、他の地域からも入学者が集まります。学費は、選考した分野にも影響されるケースが多いです。頻繁に実習が必要になる理系や工学系の学科は、概して費用が高額です。女性が多い短期大学の場合は、家政や医療関係の学科で学費が上がります。授業で使用する教材費や設備の使用料などが、反映されてくるのが一部の学科です。相場の金額に関しては、情報サイトなどを利用して随時得られます。実のところ、学校によっても必要となる学費は様々です。私立の短期大学は、特に学校側の方針が学費にダイレクトに関係してきます。複数の短期大学を受験する方は、受験料や入学金なども合わせて考慮しておくのが賢明です。合格発表の時期によっては、幾つかの学校に入学金を納める方も居ます。