ウーマン

大学入試の受験日程

文房具

大学受験の受験日の調べ方

大学受験の受験方法には推薦入試から一般試験まで数種類の方法がありますが、ここでは一般的な大学入試をする場合の受験日程の調べ方や計画について説明します。国立大学の場合にはセンター試験の後に個々の大学の2次試験と呼ばれる試験を受ける事になりますが、私立大学の場合には学校によって一般試験にも様々な方法を入試日程に組み入れています。私立大学の多くは大学センター試験での合否の他に一般試験として1月〜3月にかけて入試日程を組む大学が多くなっていますが、1回しか受験日を設けていない学校もあれば、複数回の入試日程を組んでいる大学も少なくはありません。私立大学の受験をする受験生の多くはオープンキャンパスなどを利用して入試日程を把握したり、遠方の大学や併願校の場合には資料を請求することで実際の入試日程を確認する事になります。近年では予備校やインターネットでの情報から入試日程を把握する事も可能な事も多いのですが、私立大学の場合には入試回数や受験科目などの変更なども考えられますので、オープンキャンパスか資料を請求するなりして実際の学校からの発表をもとに受験日程を組む事が基本になっていきます。基本的には本命の大学の入試日程を基準に数校の併願校を受験するケースが多くなっていますが、併願校の受験に関しても同様に学校から発表をされた入試日程を参考に、実際に受験をする大学を決定していく事になります。特に経済的な面で注意をする事は、私立大学の場合の多くは合格発表後に入学手続きの締切日が比較的近い日程に組まれているので、あまりにも早い段階で併願校を受験しているととりあえず入学手続きをする事になります。仮に本命の大学に入学をする事になった場合には先に収めた学費は返還されますが、多くの私立大学の場合には全額の返金はしない学校が多いので事前に確認をしておくことが重要になります。